ユニバーサルカラー

トップページ > ユニバーサルカラー > 共用色彩

 高齢者の家庭内事故防止 

共用品九州発行メルマガに連載「共用色彩コラム」―2005年11月掲載

高齢者の家庭内事故は転倒、転落によるものが最も多いそうです。
年齢が高くなるほど大怪我になる事も多く、生活が不便になるばかりでなく骨折をきっかけに寝たきりになる事もあります。階段からの転落、廊下や浴室での転倒防止には手すりが欠かせませんね。

さて、皆さんは手すりをつけるときどういう事に注意していますか?
身体を支えやすい位置、握りやすい形や太さ、感触などとともに色にもこだわってみてください。人間は視覚の動物と言われるように五感の内、視覚が最も発達しています。中でも色が形よりも早く認識されます。とっさの時に瞬時にわかる色でサポートしましょう。
動作がにぶくなる高齢者には特にわかりやすい色使いが必要です。

くねくね手すり「クネット・ミニ」の紹介
―見つけた!いいもの―
クネットは動きに合わせて手首の角度が自然になるように設計されています。 握りやすく滑りにくい特徴も力の弱くなる年配者にとっては安心です。
(株)クネット・ジャパンhttp://www.qunetto-japan.jp/


インテリアを重視するとちょっと邪魔になる事もある手すりですが、どうせつけるなら逆手にとって美しい配色でおしゃれにコーディネートしてみましょう。
たとえばベージュ系の壁ならば濃い茶色の手すりというように同系色で明度に差をつけて全体のイメージに合わせながらも目立ちやすくしたり、逆に思い切ってビビッドな色でアクセントにしてみるのもいいですね。
(ただし、その場合は部屋全体にあまりたくさんの色が氾濫しないように)

機能だけではなくインテリアにもこだわって地味になりがちな高齢者のお部屋もおしゃれで居心地のいい空間にしたいですね。

商店街ウォッチング ««« 前へ  次へ »»» 敬老の日にお勧め!

▲ページトップへ

カラー戦略(カラーマーケティング)、ユニバーサルカラーのビジュアルカラー研究所(福岡)

サイトマップ

  • カラー戦略
    • ブランディング
    • 商品開発・販売促進
    • カラーマーケティング研究会
  • セミナー・講演
     (企業団体様向)
    • カラーコンサルティング
    • カラーマーケティングセミナー
    • 社員研修(色彩指導)
  • 色彩教育
    • 配色専科
    • カラーマーケティング専科
    • 色彩ビジネス専科
  • UDカラー
    • ユニバーサルデザインの色彩
    • 高齢視
    • 共用色彩
  • インテリア
    • インテリアカラーコーディネーション
  • コラム
    • カラー戦略
    • ユニバーサルな色
    • NEWSな色
    • シネマな色
    • iroiroな色
    • 色の取説
    • カラーのお仕事
  • プロフィール
  • 更新履歴
  • リンク

CONTACT US

お問い合せ