カラーマーケティング研究会

プライベートブランドのロゴの色が表すものは? @ ― もう安いだけじゃない!PB商品の魅力 ―

TOP > カラーマーケティング > カラーマーケティング研究会

プライベートブランドのロゴの色が表すものは? @
 ― もう安いだけじゃない!PB商品の魅力 ―

――カラーマーケティング研究会では テーマを決めて「ある色」を定点観測したり、 話題の色、旬の色、気になる色を取り上げてその効果を検証しています――

ここのところ食品や日用品が値上げ続きで消費者にとっては頭の痛い話です。そんな中で プライベートブランド(略してPB)は強い見方。(PBとはお店が 独自にもしくはメーカーと共同で開発し販売する商品のこと)

最近のPB商品は価格が安いだけでなく、品質が高いものやこだわりを持つ ものも増え、品数も豊富なので多くの消費者に支持されています。 そこで今回はPBのロゴの色を探ってみます。

まず、プライベートブランドのロゴの大前提は商品に表示されるもの。
商品は大きさ、形も様々なので、どの商品に表示されても見えやすく、読みやすいものでないといけません。 複雑なデザインや多色使いは商品の写真やデザインに埋もれてしまうので不向き と言えます。

それではPBのロゴを3回にわたって紹介します。

T イオン「トップバリュ」シリーズ

商品のコンセプトによって4つのブランドに分けています。

  • @「トップバリュ」 − 生活の基本アイテムが安心品質&お買い得価格
  • A「グリーンアイ」− 健康や地球環境に配慮した生鮮商品群
  • B「共環宣言」  − 環境保全型の商品。日用品で展開
  • C「SELECT」  − 素材、産地、製法、機能にこだわった高品質ブランド

4つのロゴとも低〜中明度なので背景の白と明度差があり、見えやすくなっています。但し、彩度は高い(CSELECT以外)ので鮮やかな印象です。

《check》 色の視認性は明度の差によるものが最も大きい

トップバリュのロゴ

@「トップバリュ」は4つの中で最も品数が多く中心的なブランド。ロゴには誘目性の高い赤を使用。 商品に表示されるときはロゴの背景に薄いグレーをひいていることが多いので「彩度対比」 となり、よりロゴの赤が鮮やかに見えます。

《check》 彩度の高い暖色系の色は誘目性が高い

グリーンアイのロゴ

A「グリーンアイ」はブランド名にも使われている緑を使用。トーンは高彩度のビビッドトーンで新鮮さ をイメージさせます。背景には黄緑やクリーム色が多く自然や農業を連想させます。


共環宣言のロゴ

B「共環宣言」は環境保全、つまりリサイクルやエコロジー商品なので一般的には緑を使用しますが Aが緑を使っているため、青が水や空を連想させ、クリ−ンや環境のイメージも持つの で使用したと思われます。


SELECTのロゴ

C「SELECT」はこだわりをもった高品質ブランドのため他のブランドに比べて価格は高めです。 そのため他のブランドと差別化し、かつ最高級を表すために無彩色の黒と金を使用して います。黒はこだわりや高級感をイメージさせ、金は非日常的なゴ−ジャス感を表しま す。
 ちなみに印刷で表現するときに金や銀は他の色に比べて割高になります。

トップバリュはロゴだけでなく商品自体のデザインもオリジナルで統一しています。 最小限の情報と色使いで余計なものをそぎ落としているため、価格と品質にこだわって いる姿勢がうかがえます。
シンプルなデザインは、家に置いてあってもすっきりみえていいですね。

 次回はダイエーのプライベートブランド「おいしく食べたい!」をとりあげます。

※内容はレポーターの意見であり、メーカー等とのタイアップはありません。


2008.7.17 カラーウオッチャー 河北浩江
監修   伊藤恵美子

カラー戦略(カラーマーケティング)、ユニバーサルカラーのビジュアルカラー研究所(福岡)

サイトマップ

  • セミナー・講演
     (企業団体様向)
    • カラーコンサルティング
    • カラーマーケティングセミナー
    • 社員研修(色彩指導)
  • 色彩教育
    • 配色専科
    • カラーマーケティング専科
    • 色彩ビジネス専科
  • UDカラー
    • ユニバーサルデザインの色彩
    • 高齢視
    • 共用色彩
  • インテリア
    • インテリアカラーコーディネーション
  • コラム
    • カラー戦略
    • ユニバーサルな色
    • NEWSな色
    • シネマな色
    • iroiroな色
    • 色の取説
    • カラーのお仕事
  • プロフィール
  • 更新履歴
  • リンク

CONTACT US

お問い合せ