カラー戦略・カラーマーケティング

TOP > カラーマーケティング

カラーマーケティング

【商品開発】色のちからを見方にしていますか?

最近話題になる商品は色で劇的に売り出されています。
または自然に買いたくなるように色彩心理をたくみに利用してパッケージや広告が作られています。

今までのように安いだけでは売れない。多様化する好みに煽られ商品のライフサイクルはますます短命になっています。
景気は回復の兆しとはいえ、売れるもの、売れるサービスの仕組を作るにはマーケティングは不可欠です。

しかも新しい視点が必要です。


【販売促進】人も物も見た目が9割

「人は見た目が9割」というベストセラーがありますが人間は見るという行為でほとんど のことを決定しています。
色は形よりも素材よりも一番早く伝わり一番長く記憶に残る性質があります。
ここにカラーがマーケットを牽引するといわれる秘密があります。

カラーの心理的生理的特性を生かし「いかに価値を生み出すか」
適正なカラーの配置で「いかに効果をあげるか」

単に目立つためだけのカラーではなく、売り上げをのばすために、カラーコンセプトを中 心に販促を行うのがカラーマーケティングです。


【ブランディング】色を正しく使う

この世の中で色を一色だけで見るということはあり得ません。 商品そのものの配色はもちろんのこと、それが使われる背景、組み合わせるもの、ディスプレイひとつでも物の 印象は変わります。

誰に(どういうものを好む人に)何を(どんなメッセージを)届けたいのか。
企業CIから広告宣伝、商品、接客、 売り場・・・ブランディングに色はもっとも大きな力を発揮します。


カラーマーケティング研究会         

――カラーマーケティング研究会では テーマを決めて「ある色」を定点観測したり、 話題の色、旬の色、気になる色を取り上げてその効果を検証しています――

変化する新幹線の色―さくら NEW

九州新幹線が全線開通してから5カ月が過ぎました。 つづき・・・

美味しい色を探そう!―― 納豆編

今回は身近なごはんの友「納豆」を取り上げます。 つづき・・・

カラーコーディネーターが教える「色選びのポイント! 第1回 」〜子育て篇〜

物を買うとき、色選びに悩みませんか? つづき・・・

車の色はダークな赤がトレンド

最近、新車にダークな赤を使ったものを見かけるので今回は車の色に注目してみました。 つづき・・・

美味しい色を探そう!―ー 食パン編

イメージを伝える配色として三色配色、五色配色であらわされますが、実際にパッケージにその配色はどう生かされているでしょうか? つづき・・・

「国旗の色を知ればもっと面白くなる配色の秘密」

8月に行われた北京オリンピックはかなり盛り上がりましたね。 入場行進を見ていて選手の方が手を振るだけでなく、踊ったり携帯電話をしながら行進する国の方もいて面白 いなと思いました。 つづき・・・

「プライベートブランドのロゴの色が表すものは? B」

3回にわたってお伝えしていますプライベートブランドのレポート、最終回は西友・サニー「Great value グレートバリュー」です。 つづき・・・

「プライベートブランドのロゴの色が表すものは? A」

ガソリン、食品の高騰に歯止めがかかりません。
・・・・・・そんな中で消費者は 商品のどのようなところから価格や安全性を感じ取っているでしょうか? つづき・・・

「プライベートブランドのロゴの色が表すものは? @」

ここのところ食品や日用品が値上げ続きで消費者にとっては頭の痛い話です。 つづき・・・

「おもちゃの色は派手じゃないとダメなの? 2/2」

こちらは派手なものとは対照的に淡い色使いです。 つづき・・・

「おもちゃの色は派手じゃないとダメなの? 1/2」

子どものおもちゃの色というと派手な赤や黄色のブロックやキャラクターのイラストが入ったはっきりとした色使いのものが多くみられます。 つづき・・・

「育児パパにもお勧め!イマドキのベビーカー」

こどもがいないと全く縁のないベビー用品。子育てをはじめて、その種類の多さにびっくりしました。 最近は育児に協力的なダンナさまが増えたのでパパが使っても恥かしくない、むしろカッコイイデザインの 商品がたくさんあります。つづき・・・

「女性ターゲットの商品―キーワードは"おしゃれな雑貨"―」

ユニ・チャームが今春リニューアルした「センターイン コンパクトタイプ」(以下センターイン) 「外出先で使う」というコンセプトに基づき、商品を小型化し包装も色鮮やかなものに変えています。雑貨感覚のポップなデザインを目指したとのことです。つづき・・・

「色を食べるツアー」

先日、旅行代理店のツアーパンフレットで面白いものを見つけました。 グルメを売りにしたツアーなのですが、タイトルを色でまとめてあるのです。つづき・・・

「電子マネー〜親しみやすさが必須?」

今春からセブン&アイ・ホールディングスの 「nanaco ナナコ」と イオンの
「waon ワオン」2つの電子マネーがスタートしました。つづき・・・


カラーセミナー        

「魅せる色!あなたの会社はどのようにみられている?」

政治(選挙)もヒット商品も色で動く時代です。

それは色がもっとも早く人の脳に伝わり、もっとも長く記憶に残りやすいからです。
事件の目撃情報などで〇〇色の車や〇△色の服装と表現するようにひと目で印象に 残る情報なのですね。

どういうふうに見られているか・・・つまり「イメージ」は大事です。

そのイメージを大きく左右するのが色ですが、十人十色というように色はなかなか つかみどころのないものと思われています。
生まれ育った環境や職業、生活経験などから人のイメージは一様ではないのですが 色でさぐってみると結構共通点もあることがわかります

カラーセミナーの詳細はこちら

▲ページトップへ

カラー戦略(カラーマーケティング)、ユニバーサルカラーのビジュアルカラー研究所(福岡)

サイトマップ

  • セミナー・講演
     (企業団体様向)
    • カラーコンサルティング
    • カラーマーケティングセミナー
    • 社員研修(色彩指導)
  • 色彩教育
    • 配色専科
    • カラーマーケティング専科
    • 色彩ビジネス専科
  • UDカラー
    • ユニバーサルデザインの色彩
    • 高齢視
    • 共用色彩
  • インテリア
    • インテリアカラーコーディネーション
  • コラム
    • カラー戦略
    • ユニバーサルな色
    • NEWSな色
    • シネマな色
    • iroiroな色
    • 色の取説
    • カラーのお仕事
  • プロフィール
  • 更新履歴
  • リンク

CONTACT US

お問い合せ