インテリアカラー

TOP > インテリアカラー

インテリアカラーコーディネーション

インテリアコーディネーションにおいて、カラーはもっとも重要な要素です。 それにも関わらずインテリアコーディネーターの資格試験でもカラーに関する学習はほんのわずか。 実際に仕事をはじめてみて一番必要でなおかつ苦労するのがカラーコーディネートです。

ほとんどの場合、コーディネーターのセンスに頼って提案することになります。ところがセンスの良し悪しは人に よって判断の基準が曖昧でぜったいにこれが良いコーディネートであるという説得力に欠けます。 結局はクライアントの好みで決定されることも多く、果たしてそれが目的にあったカラーコーディネーションに なっているかどうか。

『好みやセンスに左右されることなく、きちんとした理論に基づいて 目的(使う部屋の用途)やイメージ(その空間で感じたい雰囲気)に合ったコーディネーションを提案したい』 多くのインテリアコーディネーターが現場で悩んでいます。

ナチュラルのイメージボード

ナチュラル

エスニック

エスニックのイメージボード
モダンのイメージボード

モダン

エレガント

エレガントのイメージボード

住宅においては、ほっとする癒しの時間や食事を美味しく楽しむゆとりの時間を提供し、またアクティブに動き出せる適度な刺激も加味しながら、 個人のライフスタイルを中心にすえたコーディネーションを。
商業施設においては、買いやすく(または入りやすく)何度も訪れたくなるような心地よさや心に残るインパクトある空間を提供するために、カラーマーケティングを中心にすえた コーディネーションを行なわなければなりません。

大事なことは、どういうイメージを作り出したいかということをしっかりと決めること。これはインテリアに関わらずどの場面の配色にも言えることです。 次にそのイメージはどのようにして作り出せるのか。形は?色は?素材は?
要素のどれがずれていても曖昧な空間になってしまいます。 状況によりイメージの違う要素を組み合わせるときは、一番印象を左右しやすい「カラー」で調節することができます。

▲ページトップへ

カラー戦略(カラーマーケティング)、ユニバーサルカラーのビジュアルカラー研究所(福岡)

サイトマップ

  • カラー戦略
    • ブランディング
    • 商品開発・販売促進
    • カラーマーケティング研究会
  • セミナー・講演
     (企業団体様向)
    • カラーコンサルティング
    • カラーマーケティングセミナー
    • 社員研修(色彩指導)
  • 色彩教育
    • 配色専科
    • カラーマーケティング専科
    • 色彩ビジネス専科
  • UDカラー
    • ユニバーサルデザインの色彩
    • 高齢視
    • 共用色彩
  • インテリア
    • インテリアカラーコーディネーション
  • コラム
    • カラー戦略
    • ユニバーサルな色
    • NEWSな色
    • シネマな色
    • iroiroな色
    • 色の取説
    • カラーのお仕事
  • プロフィール
  • 更新履歴
  • リンク

CONTACT US

お問い合せ